木版画のテクニック

ばれんを使って摺る

 進め方の基本(標準速度

     今の動きをもう一度      解説付きスローモーションでもう一度 

 

基本の説明

上の動画でわかること

  • 左右にジグザク、またはクルクルさせながら、摺り進める。

  • 上下方向には強く加圧しない。

  • 見当がずれないように、見当の近くから摺り始める。

  • 版の内容、つまり面積や位置などをしっかり把握する。

  • 途中で休まず、なるべく早く一気に摺る。

補足説明

  • ばれんの芯部全体に平均に圧を加える (ばれんを傾けない)

  • 細い線や広いベタ面など、状況に応じ臨機応変に、加圧の加減をする


木版画の話へ戻る